介護療養とは

いつの日かやってくる老いの日々。
理想の生活は、やはり自立した生活ができていることでしょう。
人の手を借りなくても、生活に必要なことは一人で十分できる状態。
そばには気軽に話しができる家族や友達がいる生活。
趣味や仕事があって、毎日充実した日々。
自分の足で行きたいところに自由に行けるそんな老いの日を迎えることができたら最高ですよね…。
しかし、そんな理想の日々が迎えられるかどうかは残念ながら誰も分かりません。
未来のことは未来になってみなければ分からないことなのです。

2000年から介護保険制度も開始しました。
これは、40歳から支払いがスタートするもので、同じく40歳から65歳未満の方は適応になる条件である場合にのみ保険を利用することができます。
65歳以上の方は、そういった条件はありません。
介護認定を受けて要介護、或いは要支援と認定されれば、それに応じたサービスを受けることができます。
この制度は、高齢化に突入した私たち日本人にとってとても意味のある良い制度だと言えるでしょう。

介護療養型医療施設は、別名療養病床とも呼ばれています。
この施設は介護施設の中の一つなのですが、他の介護施設とは異なった特徴があります。
医療に力を入れている施設であり、長期間の医療のケアや介護が必要な人方の為の介護保健施設です。
部屋は、多くの場合4人で使っています。
また、病院に併設されている所も少なくありません。
ここでは、介護療養について紹介します。

Copyright © 2014 介護療養が知りたい All Rights Reserved.